アフターピルと低用量ピルの違い

ピルと一言に言っても低用量ピル、モーニングアフターピルと複数種類ありまして、これらは使用方法や効果が異なってきます。あなたはこの2つの違いを説明できますか?今回はそれぞれの特徴を見てみましょう。

まず低用量ピル。こちらは毎日1錠のピルを飲み続けることで、コンドームよりも高い避妊効果、肌荒れ解消、生理による症状を軽減などの効果があります。通常は21日間飲み続け7日休み、その後また服用を開始するということの繰り返しになります。また、28錠タイプというものもあり、こちらは21日目までは同じで、その後の7日の間に飲む用の偽薬があるということ。その後は21錠タイプと同じく服用を続けていくもの。そうすることで日にちを数え間違う心配などもなくなります。

さて、もう一つのピルがモーニングアフターピル。こちらは毎日飲み続けるものではなく、不意に妊娠してしまう可能性が高くなった時、性行為の後に飲むピルになります。低用量ピルと比べ、避妊効果は少し低くなり、体への負担も大きいためまさに最終手段と言えるピルです。間違っても、ゴムをつけずに性行為しても「アフターピルを使えばいい」なんて思わないで下さいね。

その他、こちらでピル(低用量ピル)を正しく使う方法が書かれてますよ